自動車保険 安全運転を心がけていても避けがたい、交通事故に遭ってしまうこともあります。お車の事故・トラブル解決のため全力でサポートします。

万一の事故!!

事故車画像 事故車画像 事故車画像 事故車画像

万一の事故のとき、すぐに現場に駆けつけてお手伝いします。
それが私共の使命です。

レッカー車 レッカー車

通信販売による安い自動車保険も良いですが、文字通り万が一の時の「保険」ですから、事故対応・サポートが重要ですよね。私たちはお客様へ快適なカーライフを提供するために存在しています。

取り扱い保険会社一覧

日新火災 日新火災海上保険(株)
「事故車入庫誘導制度」 加盟店
ソニー損保 ソニー損保 修理指定工場 S-mile工房

自動車保険

事故の相手の方への賠償 対人賠償責任保険(たいじん ばいしょう せきにん ほけん)
他人を死傷させて、法律上の損害賠償責任を負った場合に、自賠責保険などで支払われる金額を超える部分に対して対応する保険です。
「対人・無制限」という言葉を耳にしますが対人賠償責任保険は無制限で設定するのが一般的とされています。
ご契約金額は「無制限」をおすすめします
・対人高額賠償事故例
3億5,987万円 東京地裁 大学研究科(2歳男性) 後遺障害(重度脳障害)
2億9,736万円 東京地裁 会社役員(40歳男性)   後遺障害


対物賠償責任保険(たいぶつ ばいしょう せきにん ほけん)

他人の自動車、家や塀、あるいはガードレールなどに損害を与えて法律上の損害賠償責任を負った場合に対応する保険です。

ご契約金額は「無制限」をおすすめします
・対物高額賠償事故例
1億3,450万円 東京地裁 パチンコ店に飛び込み 店舗・休業損害
1億2,036万円 福岡地裁 踏切内、電車衝突事故  電車・沿線家屋

【対物超過修理費特約】
対物賠償責任保険で補償する法律上の損害賠償責任額を超えた修理費について、お客さまの過失割合を乗じた額をお支払いします。(1事故・相手自動車1台につき50万円を限度)

・事故例
停車中の車(相手自動車)に追突。相手の方に責任がないため、修理費を全額弁償しなければなりません。修理には40万かかりました。
しかし、相手の車がすご~く古いお車で時価で20万の価値しかありません。
通常、保険会社は時価額の20万しか払ってくれないため、20万は自腹になってしまいます。。。

対物賠償事故で相手自動車の修理費が時価額を超えた場合でも 円満解決!!

 

ご自身とご家族の補償 人身傷害補償保険(じんしん しょうがい ほしょう ほけん)
自動車事故によりご自身やご家族、同乗者が受けた損害に対して過失の有無や割合に関わらず補償される保険です。

例)自動車事故で、総損害額が8,000万円、お客さまの過失割合が40%の場合
人身傷害補償保険無し
8,000万円×(100-40)% = 4,800万円(相手の方からの賠償金)
8,000万円-4,800万円 = 3,200万円(自己負担)

人身傷害補償保険有り(ご契約金額が8,000万円以上の場合)
8,000万円補償
(4,800万円は相手の方から、3,200万円は人身傷害補償保険から)


搭乗者傷害保険(とうじょうしゃ しょうがい ほけん) -(搭乗者傷害危険担保特約)

搭乗者(車に乗っているすべての人:運転者も対象に含まれます。)が、ご契約のお車の事故により死傷された場合に保険金が支払われる保険です。

人身傷害補償保険はその事故で被った損害に対する補償(実損払)、搭乗者傷害保険は、生命保険に近い感覚の保険(定額払)なのです。

自損事故保険(じそん じこ ほけん)-(自損事故危険担保特約)
自損事故で、ご契約のお車の保有者、運転者または同乗者が死傷された場合で、自賠責保険から保険金が支払われないときに保険金をお支払いします。

無保険車傷害保険(む ほけんしゃ しょうがい ほけん)-(無保険車傷害危険担保特約)
相手自動車に対人賠償責任保険など人に対する保険がセットされていない場合の事故により死亡されたとき、後遺障害を負ったときで、相手から十分な補償を受けられない場合にその不足額について保険金をお支払いします。

お車の補償 車両保険(しゃりょう ほけん)
ご契約のお車の事故による損害が生じた場合に保険金をお支払いします。
自動車の衝突事故だけではなく、火災・台風・洪水などの自然災害や、盗難や当て逃げ、 爆発・物の落下その他偶然な事故によってご契約のお車に損害が発生した際に支払われる保険です。
補償内容を限定できるタイプもあります。保険金額はご契約時点の時価額を基準として設定します。